皆さんは「口こみ」をどのくらい読んでいますか〜?vol.3 長岡るみ子

キャリアール 長岡るみ子です。

盛岡駅を歩いていると、
旗を持った添乗員さんに連れられて
たくさんの旅行者の方たち
とすれ違うことがあります。

「岩手に来てくれてありがとう!」
と、
とても嬉しい気持ちになります。

とっても美味しいものを食べた時、
わくわくする体験をした時に、
「これすご~い!」
「これ知ってる~?」
「聞いて、聞いて~!」
と、人に話したり、
ネットに書き込んだりします。

反対にがっかりしたり、
気分の悪い接客をされた時も、
誰かに言いたくなります。

これが「口コミ」ですね。

「口からのコミュニケーション」の略です。

「口コミ」を英語でいうと・・・
「word of mouth」
そのまんまですね。

良い口コミは5人に話される
悪い口コミは10人に話される 
・・・ と言われてました。

しかし、現代では、
ネットを通じて、5人、10人
なんてものではなく、

瞬く間に○千人、○万人・・
に伝わりますから、
「口コミ」は良くても
悪くても影響力が
強くなっています。

もうすぐ、
秋の観光シーズンを迎えます。
観光地のホテルや
施設の方たちばかりでなく、

私たち一般の県民も
岩手の素晴らしい情報を伝えたり、
温かい接客、
誠実な応対をして、

岩手の良さをしっかりとアピールし、
口コミサイトで
たくさんの☆がつけばいいな、
と思っています。

さて、盛岡駅ですれ違った旅行者の
皆さんは岩手について、
どんな「口コミ」を
してくれるでしょうか?

私は良く旅行をするのですが、
観光地、ホテルなどを決めるのには、
「旅行口コミサイト」
を大いに参考にしています。

そして、旅が終わると
お礼の意味を込めて
そのサイトに投稿します。

私が口コミを書きこむ時、
口コミを読む時の
注意点をお話しします。

「口コミ」を書きこむ時の注意点
あまり感情に流されず、
なるべく客観的に書きます。
満足した点、褒める点
があったら大いに褒めます。

また、不満だった点、
嫌だと思った点は、
単に「嫌だ、ダメだ」だけではなく、

「こうするともっと良くなると思う」
というような改善点を
書くことにしています。
次の利用者の時に
改善されることを願ってです。

「口コミ」を読む時の注意点
大事なことは、
その口コミを100%
鵜呑みにしないこと。
あくまでも判断の参考にする、
というくらいの気持ちで読みます。

あまりに感情的に
悪口を書いてあるものや、
広告にあるような美辞麗句が
並んでいるものは
逆に要注意かなと思います。
自分で判断する力も必要です。

私のお気に入りの
「旅の口コミサイト」を紹介します。
世界中のホテル、
レストラン、
観光地の口コミがあり、
次の旅行者への
アドバイスなども書かれています。

https://www.tripadvisor.jp/

http://4travel.jp/
 
これから旅をしたいと思っている方は
参考になさってください。

    コメント


    認証コード7641

    コメントは管理者の承認後に表示されます。