「借金のほうが多い相続って、どうすればよいの?」vol.18 東海林智恵

皆様、こんにちは。
弁護士の東海林智恵です。

このメルマガでは、身近な法律相談を取り上げようと思い、
前回は、賃貸借契約に関する記事を書かせていただきました。

今回は、賃貸借契約同様、身近に起き得る問題の一つである
「相続」についてお話したいと思います。

相続と言っても、事案毎に様々な問題が含まれていますが、
今回取り上げるのは、「相続放棄」です。

相続は、被相続人の死亡によって開始します(民法882条)。
一般的には、相続というと、プラスの資産を相続するイメージが強いと思います。

しかし、なかには、負債のほうが大きいという事案もあります。
そういったとき、重要になるのが「相続放棄」の手続きです。

民法915条1項によれば、「相続人は、自己のために相続の
開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、
単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。」とされています。

日常から財産・負債関係を把握している相続人であれば別として、
疎遠になっている関係の場合、三箇月というこの期間は、あっという間です。

この三箇月の間に、相続人となった者は、被相続人の財産状況を調査し、
負債のほうが多いと判断した場合、裁判所で相続放棄手続きをとることになります。

借金がある被相続人の場合、住居に残された金融機関からの葉書等から
手懸かりを得ることが多く、そこから、金融機関に詳細を照会する等の
時間が必要になりますから、あっという間の三箇月です。

三箇月では間に合わず、裁判所に申し立て、期間を伸長してもらう
ケースも珍しくありません。

過去の御相談者の方にも、この三箇月の期間を過ぎてしまっていた方がおられました。

場合によっては、相続人の将来設計が狂ってしまう事態も考えられますから、
気をつけたい問題ですね。

コメント


認証コード3844

コメントは管理者の承認後に表示されます。