3ステップでストレスをポジティブに変えよう!

新年おめでとうございます。

今年は寅年。私も実は年女で、めでたいかどうか華甲の祝いの年となりました。赤いちゃんちゃんこならぬ、赤いドレスを着てジャズを1曲歌うのを夢見ていましたが・・・どうなることやら。

ダイエットも一つのストレスになりますが、私たちは普段からたくさんのストレスにさらされています。最近はストレスをブライトストレス・ハッピーストレスと呼び、ポジティブにとらえて自分の武器にする。というような本がベストセラーになっています。

どうしたらストレスをポジティブなエネルギーへと変えられるのでしょうか。
実はストレスはたった3ステップで、ポジティブなエネルギーへと変えられます。
つらいストレスを味方につける方法とは?

画像の説明

ストレスには、体をむしばむ効果も確かにありますが、一方で自分を奮い立たせて集中力を上げたり、テストのスコアを上げたり、免疫力を高めたりする効果もある、ということが、最近の研究によってわかってきました。
そして、ストレスを味方につけるためには、ストレスをいい方向に働かせる必要があります。そのためには、ストレスに対する考え方、感じ方を変えていくことが大切になります。

ストレスを力に変える、ストレスを味方につけるといっても、実際にストレスを受ければつらく、苦しいのは当然です。今、実際にストレスを感じ、メンタルが弱っている人でも使える現実的な方法でなくては意味がありません。心理学者アリア・クラムが提唱している実践的な方法を使えば、簡単な3ステップでストレスを利用できるようになります。特に強いストレスを感じたときに有効です。

ステップ1:ストレスによって自分の体に起きている反応を冷静に観察する

ストレスが自分にかかったことを認識すること。その上で、「自分は今、ストレスを感じて、体がこういう反応をしている」と考えるのです。
たとえば、頭にカーッと血が上っている。心拍がドキドキバクバクと激しくなっている。胃が痛くて、吐き気がする。甘い物がほしい。口の中がやたら渇いている。視線がキョロキョロしている。オドオドした態度になっている……など、体に表れたストレス反応のすべてを認識してください。

ストレスを感じると、どうしてもその要因だけに気を取られがちです。クレームを受けるときには相手の言葉に注意が集中してしまいますし、締め切りの迫った仕事が積み上がっているときには、さまざまなタスクのことで頭がいっぱいになってしまいます。

このステップでは、そこから一歩引いて、「今、自分の体がどういう状態にあるのか」ということも、考えてみます。自分がストレスを感じているとき、どんな体の反応が起きるのか、ということに意識を向けてみるのです。

(自分にとって本当に大事なものを見分ける)
ステップ2:ストレス要因に脅かされている自分の大切なものが何かを突きとめる

ストレスを感じたということは、自分にとって大事なものが脅かされているということです。たとえば生命、身の安全、快適な環境、自由や自尊心、家族や友達……などが脅かされる恐怖を感じていて、「これはまずい」「行動しなければ」「守らなければ」と思っているからこそ、ストレスを感じるのです。

ということは、ストレスを感じたときには自分にとって本当に大事なもの、本当に求めているものを見分けられるということになります。
「今、自分の大事な何かを脅かされているんだ。その大事な何かとはなんだろう」と考えてみましょう。すると、自分にとって重要な価値、達成したい目標、理想としている自分の姿、といったものが見えてきます。

ストレスは、本当に大事なものを見付けるためのセンサーなのです。大事なものを守る反応が出たら、自分にとっての大事なものはなんなのか、具体的に自身に問いかけてみてください。これが2つ目のステップです。

(どう対処すべきか)
ステップ3:自分の大切なものを守るためにストレスの力の利用方法を考える

ストレスを、単にストレスの原因を見るだけでなく、自分の体に起きている反応も含めて客観的に意識し(ステップ1)、自分にとって大切な何が脅かされることによってストレスが起きているのかを考え、突きとめる(ステップ2)。
実は、ここまでのプロセスを経たあとは、すでにストレスはエネルギーに変わり始めています。その強いエネルギーを、どうやって使うかを考えましょう。ストレスのエネルギーを利用して、自分の大事なものを守るために何ができるのかを考えるのです。これがステップ3です。

ストレスを感じたときには、それを意識し、原因を探り、ストレスの活用法を考える。この3ステップによって、自分のやるべき行動が見えてきて、実際に行動できる。強いストレスで弱っているときでも、まずはストレスを認め、受け入れるところから始めるなら、無理なく実践できるはずです。

ストレスを感じるたびに実践してみて
まずは感じたことをノートに書き出してもいいですし、面倒なら頭の中だけでやってもかまいません。
ストレスの反応を確認→自分にとって大事な何かが脅かされている。それは何か?→大事な何かを守るために、このストレスの力をどうやって使えるのか? この流れをいつも頭の中に置いておいて、私もJazzyな歌を赤いドレスで歌う大切な夢を叶えるためにハッピーストレスを武器に今年一年、実践してみます。

シニア産業カウンセラー
藤村七美

コメント


認証コード6686

コメントは管理者の承認後に表示されます。