健康を維持するための食生活のヒント vol.7 佐藤ユウ

皆様は今、調子よく生活していますかー?

1. ちゃんと眠れていますか
2. 正しく呼吸できていますか
3. 食事は美味しく食べられていますか
4. 便通は整っていますか
5. 皮膚の状態は良いですか
6. 仕事もロスなくこなせていますか

等々…     いかがでしょう 

なんとはなしに生活し、しかも毎日毎日…
そして明日からもくり返し

私達の周りには健康情報があふれています。

健康は毎日の食事の取り方次第とも言えます。

しかし、  
身体によさそうな食べ物 
食べ方はわかっているようで
実はあやふや…
何から始めたらよいか…

動物は身体の栄養素が不足すると
(あるいは過剰の時)本能で補えるとか

だから空腹にならないと食べない 
人間はその能力にかけるとか

正しい知識をもって、その生活に合わせ、
プラス、マイナス、チョイスしていく必要があります。

カロリーがどうの  
ビタミン、ミネラル足りているか 
栄養バランスは大切と言われるけれど… 

食べるということは 
その他にも色々の要素があります。

まず、美味しく食べること 
楽しく食べること 
かしこく食べること
回復するために食べること
癒される食べ方をすること(適量のお酒もよし!)

必要な栄養がちゃんと腸から吸収されて
血液に乗って細胞に届けられれば、
細胞の一つ一つが元気になり、
必要なホルモンが正しく分泌され、
よく眠れたり、ホッとしたり
ストレスから立ち直れたりするはずです。

受け入れるからだの状態も大切な条件
(場合によっては食欲のない時は食べない)

ベストな状態にして、無駄なく取り入れましょう
栄養は吸収した分しか生かされないからです。

ではヒントをご紹介します。

ヒント1 自分の健康体重をキープする 
     (一番調子よい時の体重)

ヒント2 生活リズムを整える
     (体内時計25時間のズレを朝日を浴び、
      朝食を取り、リセットすることから)

ヒント3 季節を感じ、旬のものを食べる(酵素の力)

ヒント4 主食、主菜、副菜、汁のパターンを意識する
     (栄養バランス、でもこだわらない)

ヒント5 好きなものを程々に食べる
     (甘いもの 脂っぽいもの、塩からいもの)

ヒント6 発酵食品を取る(腸活)

ヒント7 便利食材、調味料の有効活用
     (簡単、時短料理の活用)

ヒント8 食べることに集中する(ゆっくり食べる)

今の食生活をふり返り、
「大丈夫 しっかり健康に暮らされている方」は
そのままで良いのです。 

「そうだなあ…」と思う方はどうぞ参考にし、
明日から(今年)の食生活にお役立て下さい。  

ではまた…   

コメント


認証コード0908

コメントは管理者の承認後に表示されます。